新型「iPhone 3GS」 国内登場は6月26日

 昨年の発売時には各地で行列騒ぎだったAppleの「iPhone」ですが、早くも新型モデル(後継機)が登場しました。



 その名は… 「iPhone 3GS」



 「スピードが売り」なので、「3G」の後に「S」を入れたようです。 そのスピードに対応するかのようにディスク容量も現行(3G)の8GBから、「3GS」では16GB、32GBの2タイプの発売となります。 

 アメリカでは6月19日発売のようですが、日本では6月26日発売です。

 余裕があれば使用感を確かめたいところですが、私の場合はSH-03Aだけで十分。

 最初のころは行列ができるでしょう。 しかし、昨年とは違い、今年は既存の「3G」が既に出ている。 そのうち家電量販店でもデモができるだろうから、使用感の確認はそれを待ちます。

-------------
米アップル、新モデル「iPhone 3GS」を発表 ジョブズ氏登場せず
2009年06月09日 08:54 発信地:サンフランシスコ/米国
関連情報米アップルの多機能携帯電話機 iPhone

クリッピングする 拡大写真を見る 写真をブログに利用する 米カリフォルニア(California)州米サンフランシスコ(San Francisco)で開催された開発者会議「ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス(Worldwide Developers Conference、WWDC)」で、基調講演を行う米アップル(Apple)のフィリップ・シラー(Philip Schiller)上級副社長(2009年6月8日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Justin Sullivan
関連写真1/1ページ全5枚

スライドショーを見る
【6月9日 AFP】米アップル(Apple)は8日、米サンフランシスコ(San Francisco)で開催した開発者会議「ワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス(Worldwide Developers Conference、WWDC)」で、携帯電話端末iPhone(アイフォーン)の新型モデル「iPhone 3GS」を発表した。一方、登場がうわさされていた、長期療養中のスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)同社最高経営責任者(CEO)は姿を見せず、基調講演はフィリップ・シラー(Philip Schiller)上級副社長が行った。

 シラー氏はiPhone 3GSについて、「『S』はスピードのSだ。内部機能が完全に新しくなり、これまでで最強のiPhoneだ」と語った。動画撮影機能も初めて搭載され、16ギガバイトモデルが199ドル(約1万9600円)、32ギガバイトモデルが299ドル(約2万9400円)で今月19日発売の予定。

 前モデルのiPhone 3G(8ギガバイト)は99ドル(約9700円)に値下げされるという。

 シラー氏は、iPhone向け次世代OS「iPhone OS 3.0」が今月17日に全世界でリリースされることも発表した。iPhoneユーザーは無料のアップグレードが可能だという。

 WWDCでは、MacBookシリーズの新バージョンと、同シリーズの価格値下げも発表された。一方、マッキントッシュ(Macintosh)の新型OS「Snow Leopard」については、発売は9月だとしながらも、前バージョンのユーザーはわずか29ドル(約2900円)でアップグレードできると強調した。会場では、開発者向けに「ほぼ最終の」バージョンが配布された。

 アップルによると、WWDCには50か国以上から約5200人以上のソフトウエア開発者が集まったという。基調講演では、ライバルの米マイクロソフト(Microsoft)に対するユーモアと辛口の混じった指摘がなされた。

 1月から長期療養中のジョブズ氏について、アップルはこれまで通り秘密主義を貫いているが、今月末には復帰するとしている。(c)AFP/Glenn Chapman

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック